FC2ブログ
イケブログ
モヤさまの大江麻理子の可愛さは異常。

SENSHA-01.jpg



ノウイング
<個人的評価>
★☆☆☆☆

ストーリーが出涸らし中の出涸らし。
終盤、うわ~~~~!!!と思えずにはいられなかった。
アメリカ映画って、なんでこんな終わり方が好きなんだろうねぇ。
お国柄かしら。
個人差があると思うけど、あんな終わり方の映画って、今まで良いフリをしているのに全てがチープに感じてしまう。
まぁこの映画は良いフリもクソもないけど。

予告編は俺にとって結構ツボってたんだけど、予告編で見たシーン以外は眠くなる内容とはw
映画館で眠くなったのは初めてだw

見所と言えば、予告編で見た迫力のあるCGと子役の演技の上手さ。
最後の最後に主人公のニコラスケイジと地球がどうなったかを描写してくれたのはまだ良かった。
あれでフワッとご想像にお任せします描写だったらもうね・・・。
映画館で迫力があったのがまだ良かったので、DVDなんかで見たらフーンで終わる映画になる可能性がある。

俺がいつも行く映画館って、スタッフロールが終わって場内の照明が明るくなってから席を立つというのが大半。
小学校の頃に親と行っていた映画館はスタッフロールが流れたら皆早々と席を立っていた。
前々から思っていたのだが、今の映画館ってのは皆ちゃんとスタッフロールも見るんだなぁと思っていた。
しかしこの映画はスタッフロールが流れた瞬間に殆どの人が席を立った。
さてどういう事かw

天災モノのパニック映画って「見たい!」と思うけど、当たりだった試しがあまり無いのは何故だろうか。
この映画はパニック映画って程でもなかったけど・・・。
ターミネーター4
<個人的評価>
★★★★☆

ターミネーターシリーズが好きな人は観ておいて損は無い無難な映画。
久々に映画館で大迫力な映画を観た。
これは映画館で観る事をオススメしますw
本当にその場にいるかの様な、本当に荒廃した街並みを作ったかのような臨場感。
殆どCGだろうが、色々と金かけ方がハンパないw
映画の触れ込みは審判の日が訪れて、人間と機械の戦争が始まった。みたいな内容だったから、近未来ドンパチ戦争映画かと思いきや、ちゃんと見せる場所は見せていた。
後半の演出なんて最高に良かったっす。
もう終わりかと思えるぐらいダラダラしたシーンも無く、どうやら3部作らしいので「5」と「6」が気になる。
特に「4」を観た後だと、「5」にはまさか・・・!!ってな感じで楽しみ。

ターミネーター2ともターミネーター3ともサラ・コナー クロニクルズとも直接関係無さそうな映画。
続きモノと考えずに観た方が良い。
なんせ原題がターミネーター4じゃないしw
でも、ターミネーター1の登場人物と、過去のターミネーターの型番を頭に入れておいた方が良い。
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
<個人的評価>
★★★☆☆

ナショナル・トレジャーに続き冒険モノ・・・。
俺ってDVD借りる時、片寄るなぁ~。

何だか今までのハムナプトラっぽくない感じ。
舞台が中国だったからかな?
中国映画の様なワイヤーアクションもあったので余計にそう思ったのかも知れない。
途中で忍者?みたいなのが登場。
忍者じゃなかった別に良いんだけど、忍者だったらアメリカ映画特有の勘違いジャパニーズ丸出しにw
映像に迫力はあるけど、全体的に何か物足りなかった。
ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記
<個人的評価>
★★★★☆

面白いと聞いていたので前から気になっていた。
観ようとは思っていたけど、ニコラス・ケイジがあまり好きじゃないので中々観ていなかったのだが、
テレビで「1」がやっていたのを観たら、現代を舞台にした宝探し冒険モノってのが気に入ったので「2」も観てみた。

結果、面白かったw
「1」よりも良いと思う。
よくある冒険モノのお約束であるトラップの数々。
今までは、古代の人間が仕掛けたトラップを回避していくのがお約束だったが、
ナショナル・トレジャーは、宝を探す為のヒントが色んな場所に保管されていて、時代設定が現代なのでそりゃ宝のヒントが記された物だって歴史的に貴重な物。
そのヒントを集める過程で、現代のテクノロジーを時には強引に回避しながら進んでいくのが定番お宝探し冒険モノとは違う。

ニコラス・ケイジの頭冴え過ぎだろ!と思う部分は多いのだが、そこは気にしないw
登場人物も少ないので解り易く、それぞれ特徴のあるキャラクターなので面白い。
アメリカ歴史のif...な話しなので、歴史に少し詳しい人は更に楽しめると思う。
俺は歴史に詳しくないので、少し設定が難しく感じたよ・・・けど面白かったw

「2」だけ観ても楽しめると思うけど、主要登場人物は「1」と同じなので人間関係を解っておく為にも「1」から観た方が良いと思う。
昔から多くあるジャンルの映画、インディ・ジョーンズなんて超有名な作品もあるのにも関わらず、よく出来た映画だと思う。
今作は続編を匂わすポイントがあるので、続編に大期待!
Blu-ray買っても良いレベルw
AVP2 エイリアンズ VS. プレデター
<個人的評価>
★★★☆☆

画面暗いよ!w
何が行われているか解らないし、誰が死んだのかもよく解らない。
極端に言うと、気付いたら人が減ってるみたいな。
で、この人誰?ってなった。
しかし、前作同様プレデターさんカッケーっすw
前作程ではないけどw
面白さは前作の方が面白かったかなー?
これは!って程でもなかったのであまり印象無いんだけど(^^;
続編がある?って終わり方だったのだが、ちゃんとした続編だったら面白くなるかも。

エイリアン2の原題がエイリアンズ、プレデター2の舞台が街。
今作のタイトルがエイリアンズ VS. プレデターになっていて、舞台も街中になっているのは意識しているのか?俺の考え過ぎか?w
地球が静止する日
<個人的評価>
★★★☆☆

何だかパッとしない内容。
話しの展開+アメリカ映画と思うと想像出来る結末。
でもツマラナイ訳ではない。
観ていて暇にならなかったし。
というのもGOEMONの次に観た映画だったからかCGのクオリティが高く感じるw
GOEMON
<個人的評価>
★★☆☆☆

友人に急に誘われて観に行った。
ストーリーも何もどんなんだかまったく知らず・・・。
でもこういう時って、結構面白かった^^
ってなる事多いよね。

でもね・・・。
俺はダメだった・・・。

まず世界観がサイバー過ぎる。
もうこの時点で俺の好みじゃない。
この手の映画はスタイリッシュなアクション映画なのに町並みや風景は普通ってのが好きなのだが、全体的にサイバーにしなくても・・・。
それとCGが酷い。
見ていて疲れる。
そこまで無理矢理CGばかりにしなくても良いんじゃね?ってぐらいCGばかり。

ストーリーも中々の薄っぺらさなだけに、逆に解り易い映画だったけど。
序盤は退屈だったけど、中盤からちょっと盛り返してきた。
最初にガレッジセールのゴリが出てきた時は「え!?」と思ったけど、後半は良い演技をしていたと思う。
役者も結構豪華だったけど、ただそれだけな映画な気がしなくもない。
ただ、戸田恵梨香と佐藤江梨子はガチだと思いますw
ハプニング
<個人的評価>
★★☆☆☆

なんだか消化不良な作品。
の一言。
別に面白くない訳じゃないし、退屈はしなかったんだけど・・・なんかね。
テキサス・チェーンソー ビギニング
<個人的評価>
★★★★☆

グロいわ。
これぞスプラッター映画なのかと関心しちゃうグロさ。
そしてこれぞアメリカンホラー。
小さな演出までいちいちグロい。

元の作品となる「悪魔のいけにえ」を観た事のある人は理解できていたかも知れないが、
自分は「悪魔のいけにえ」を観た事が無いので、前作のテキサス・チェーンソーは観て救い様の無い展開に鬱になったけど、
今作で何で救い様の無い展開だったのか解った作品だった。
しかし前作程グロく感じなく(前作を観て免疫があるのかも知れないけど)レザーフェイスの誕生等、観せる部分があった。
それと、テキサスの寂れた小さな町の表現はとても良い(怪しい・怖い・暗い)雰囲気を出している。
レザーフェイスの体格とか見た目とか、怖いだけではなくどことなくカッコ良く見えるのも映画を観る方にとって少し救いかもしれない。

前作は観た後に不快感満載だったけど、時間が経つと何かもう1回観たくなる。
当時ビギニングが公開されると知り観に行きたくなった。
それがこの映画の不思議な所。
グロいだけではなく何か惹かれる物がある映画。
でもやっぱ普通にグロいw

13日の金曜日とエルム街の悪夢が好きな自分からすると、映画が始まる前の「New Line Cinema」のロゴを見るとワクワクするw
SAW5
<個人的評価>
★★★☆☆

一応SAW1~SAW5まで全部観てます。
SAW5はその中でも中間ぐらいの面白さ。
今作もグロさは満載だけど、どちらかと言うとストーリーを重視していた印象。
今までの話しをなるべく解決する方向性だったけど、明らかに続編を匂わす展開。
フラッシュバックするシーンで当時の映像を出す等、今までの作品以上に解り易い内容だった。
話しが全て完結したらもう1度最初から観てみたい。