FC2ブログ
イケブログ
モヤさまの大江麻理子の可愛さは異常。

SENSHA-01.jpg



ナンバー灯
1200630-01.jpg

ヤフオクにて680円で購入。
T10のSMDLED8発のナンバー灯。
スポンサーサイト



なんか色々
先週の土日にコーティング屋さんに行ってみた。
しかし、土日共休みとかw
いきなり行ったので仕方ないです。
なので、今回はちゃんとアポ取ったので安心して行ける。

んなこんなで土日を過ごしたのだが、車に接続しているiPodがまぁ調子悪い。
前々から調子悪かったんだけど、音楽聴いていると急にブーーーーとか鳴り出して一時停止になったりする。
もうね、そろそろ買い替えかな?なんて思っていたんだけど、こんな商品を発見。

http://www2.jvckenwood.com/products/car_audio/addon/kos_a300/index.html

これは現在使用しているカーナビやカーオーディオをそのまま流用して外部入力か、FMトランスミッターを使用して音楽が聴ける優れもの。
電源さえ確保してしまえばポン付けでOKというお手軽さ。
しかもiPod対応のみならず、各種メモリーカードやUSBメモリーにも対応している。
今の俺には、メモリーカードかUSBメモリーが対応になっているのは必須条件になっている。

それかこれ。

http://pioneer.jp/carrozzeria/products/deh_770/

値段が手頃で、何よりデザインが良い!
もちろんiPodとSDカード、USBメモリーにも対応。
でもこれだと、今あるカーナビの配線を変えて、今あるDVDプレイヤーを別の場所に移動して・・・。
ってなる。
それが結構面倒なんだよね。
でも、音質は恐らく数年前のカーナビよりかは良いだろう。
それにウーファー出力も付いているので、将来ウーファーを取り付ける事もできる。
しかしDVDプレイヤーを設置している箇所に配線のスペース等を考えて設置できるのかが運任せになるw

んーーーーー悩む!
正直、どっちが良いかって言ったら後者なんだけどねぇ~。



という状況で、こうやって考えている今が一番楽しい時期w
コーティング(業者の)
ドア一枚分だけ自分で磨いてみたけど、ヘッドライトの光を当てるとまぁ酷いことw
磨きキズが半端ねーっすよ

で、勢いに乗ってポリッシャー買って本気の磨きに入ろうかなと。
低予算でそこそこの仕上がりにしようとすると、大体2万円ぐらい初期投資しないとダメっぽい。

2万円出すなら…
って事で近所のコーティング屋さんに下地処理だけでいくらぐらいか聞いてみた。

すると、どうやら4万円もかかるらしい。
正直、想定より高いw
2~3万円ぐらいで施工してくれるつもりだったよw

しかし、今回はサービスでガラス系ポリマーを施工してくれるらしい。
耐久性は1年半との事。

普通のガラス系のコーティングの場合、10万円ぐらいするので4万円とは魅力的!!w
でもまぁそれなりの性能なんだろうけど、市販のコーティング剤よりも良いだろうし、何よりプロの下地処理だし。

一応コーティング剤の名前を聞いたら、ハイブリッドコートという商品らしく、調べたんだけどイマイチ解らんw
なので、土日にでも詳細を聞きに行こうかなと。

4万…うーん…。
40000
そうだ、先月の半ばに総走行距離が40000kmになりました。

120603-01.jpg

あまり走ってないなぁw
ベルツを使った
早速ベルツ!!

の、前に今回はちゃんと下地処理をしてみようかと。

まずは普通に洗車して、シュアラスターの鉄粉取りねんどを施工、最後にコンパウンド。

ねんどは水を流しながらボディーの上を滑らせるように撫でていく。
鉄粉の付着具合を確認できるフィルムが入っていたのだが、ねんどを施工した後にボディーを撫でてみるとまぁビックリ!ツルツルですよw

ねんどを施工すると、大体薄い傷ができてしまうので、コンパウンド。
今回はリンレイのミラックスを使用。
コンパウンドの粒子が0.02μmと超微粒子。
しかしワックス成分が配合されているので、水アカ落としシャンプーで磨いた箇所を再び洗車。
研磨時はスポンジにたっぷりコンパウンドを乗せて、磨く箇所をスポンジでトントンと叩いて施工範囲を決める。

で、こんな感じになりました。

まずは洗車をした後。

120602-01.jpg

クリックすると大きなサイズになります。
水アカというのか、雨染みというのか。
スダレ状態になっていて酷い状態。

そして、ねんど→コンパウンド後のボディー。

120602-02.jpg

クリックすると大きなサイズになります。
スダレが無くなりスッキリ状態。
こりゃコーティングのノリが凄そうだぜ!

最後に、ベルツ!
ほぼ説明書通りに施工してみた。
硬く絞ったネルクロスを使用。
ボディーに直接ベルツをスプレーしたり、ネルクロスにスプレーしたり。
乾燥する前にブリスのお高いクロスで拭き上げ。
仕上げに鏡面仕上げクロスで乾拭き。

で、こうなった。

120602-03.jpg

クリックすると大きなサイズになります。
なんなんだこの違い!w
って言っても、ここまで鏡面じゃないですw
実際は、二枚目の写真に艶が増したようなイメージかな?

今回は体力的にも試験的にも助手席側のドアだけ施工してみた。
ベルツは思っていたよりも施工はしやすい。
艶はブリス同様、次の日にならないと完全にならないらしいので、まだ未確認。
ただ、ブリスと違って施工後はボディーを濡らしてはいけないのが気を遣うね。
明日と、明日以降に雨が降った後の汚れ具合が楽しみだぜ!

そして自分でボディーを磨いてみた訳だが、
なーんか部分的に若干白くなってるんだよねぇ。
何度かミラックスで再磨きしてみたんだけど、それでも無くならないんだよね。
ベルツ施工したら少し目立たなくなったけど、やっぱ気になる。
それとブリスXの皮膜、0.02μmのミラックスでバッチリ剥がれますw
まぁ市販のコーティング剤の皮膜なんてこんなもんかな?