FC2ブログ
イケブログ
モヤさまの大江麻理子の可愛さは異常。

SENSHA-01.jpg



ブルーレイとHD-DVDとDVD
実際どうなの!?
DVDだって十分高画質だけど、小倉智明がとくダネのオープニングで次世代DVDはまったくもって高画質で今までのDVDには画像が汚すぎてもう戻れない!とか言ってたけど、ホント~?って感じで実際の所が解らなかった。
んで、ヨドバシアキバでこの3種類の媒体の画質比較をやっていた。

実験台になったのは、知らん映画。
テレビは40Vぐらいの結構な大画面。
で、見比べてみた。

一瞬違いが解らなかったけど、数秒見てると明らかに違いが解った。
まず大きく違うのが字幕の解像度。
明らかにDVDは粗い。
ブルーレイとHD-DVDはパソコンの高解像度の文字みたい。
そんで肝心の全体的な画質。
これもちょっと見たら解った。
やっぱDVD粗い。
字幕ほど粗くはないけど、明らかにノイジー。
段々見慣れてくると、うわっDVD汚ぇ!と思えるようになってきた。
それに対し、ブルーレイとHD-DVDは謳い文句通りハイビジョンでスゲー綺麗。
こんなに違いがあるとは思わなかった。
技術の進歩にはまじでビックリですよ。
そしてブルーレイとHD-DVDの比較。
容量が大きいせいかブルーレイの方がチョット綺麗かな?
よーく見ないと解らない程度だけどね。
だから正直、ブルーレイでもHD-DVDでもどっちでも良いw

でも結局は、自宅で鑑賞する場合の周りの明るさとかTV本体とか設定とかで条件は変わるだろうし、再生するプレイヤーでも変わると思う。
何よりTVの大きさでもかなり左右すると思う。
なのでどっち買っても満足はすると思うんだけど・・・結局どっちが普及するのよ!?w
どうせどっちも再生出来るプレイヤーが1番普及するんだろうけどね。
というか、こういう消費者を悩ませる自己満足メーカーはマジ勘弁。
俺の世代ではDVD-RとかDVD+Rとかが悩ませたね。
結局両方使えるプレイヤーやドライブが普及したけど。
昔はベータとVHSで消費者を悩ませたらしいが・・・。



というかその前にハイビジョンTV買わないとお話しになりませんが!!(;´Д`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック