FC2ブログ
イケブログ
モヤさまの大江麻理子の可愛さは異常。

SENSHA-01.jpg



PC購入&組立 ~組立編~
友人FがPC買いに行くかもしれないという中、PCの組立作業開始。
もし間に合わなくても、友人Fも俺と同じPC構成にすると言っていたので、お買い物リスト送るから自分で買って来い!と言いたい所だが、
店の閉店時間を考えると、商品が店内のどこにあるか解らないので効率良く買えないという事と、何より普段から手際が悪くて見ているこっちがイライラして思わず横から手を出したくなってくる友人Fなので、それは出来ない。
とりあえず焦らずゆっくり作業を進める。

まずはケースに電源を取り付けて、マザーボードを取り付ける。
次に第一の難関、というか唯一の難関、ケースのフロントアクセスポートをマザーボードに接続する。
だがマザーボードのマニュアルが良かったのか、ケースの設計が良かったのか、何の迷いも無く組み込めた。

次にケースの電源とかリセットスイッチなどの配線。
要は上の作業と同じく、ケースとマザーボードをコードで接続する作業。
接続するコードには「+」と「-」があるので、それを間違わなければ無問題。
見極め方はGroundが「-」で、コードの端子部に「G」と彫刻されているのですぐに解った。
「+」とか「-」って車の電装品いじりで抵抗が無くなっていたのもスムーズに進める事が出来た要因でもあると思う。
マザーボードに付属していた、接続を容易にするアダプターがあったのも大きい。

次にメモリとCPUの取り付け。
メモリは問題無いのだが、CPUクーラーの取り付けが超絶大変。
構造はマザーボードの穴にクーラーの軸を差し込んで押し込むという単純なものなのだが、押し込むという作業が中々出来ない。
対角線上に軸を押し込むのだが、片方入ったと思ってもう片方を押し込むと入っていた方が外れやがる。
何このバックトゥザフューチャー。
グイグイ押してもパチッとはまらないし、あまり押しすぎてもマザーボードが割れそう。
社外のクーラーに換えてやろうか!と思う程はまりが悪かったのだが、なんとか取り付けられたと思う。多分。

次に電源コードをマザーボードに接続。
俺が以前組んだのはマザーボードに長細い電源と4ピンの電源を差し込んで終了だったのだが、どうやら仕様が変わっているようだ。
買った電源のコードを見ても、これはここっぽいけど、これが余らね?とか試行錯誤したのだが、何とか行けた。
ここで悩むのは想定外。
どうやらこの電源は、俺が以前組んだ旧規格のマザーボードにも対応していますよって事で、現行の規格で電源供給するのであれば、2つに分かれている端子を合体させて接続してねって仕様のようだ。
確かによく見ると端子にこれとこれくっつけろ見たいな目印があったのだw
実際接続したら余りのコードが無くなってスッキリ。

次にドライブの取り付け。
光学ドライブとHDD共にシリアルATAなので、コードが細くて良い!

最後にVGAの取り付け。
最近のVGAは電源を直接持ってこないといけないのは知っていたので、電源からVGA用コードを接続する。
VGAはデカイので最後の方に取り付けた方が良い。

これにて組立完了!!

時計を見てみると友人Fがご帰宅されるまで、あと1時間あるかないか。
OS入れられるかな~?という時間。
とりあえず散らかった作業スペースをお掃除。

さーて、電源入れてみるかなー♪と1番緊張とワクワクが融合する瞬間!
友人Fから電話がw
どうやらもううちの前に居るらしいw
時計を見ると、なんとか閉店までに間に合いそうな時間。
でも電源入れてみたいぃぃぃぃ~~!!!
という衝動を抑えて、友人Wも一緒に友人Fの車に乗り込む。

そして本日2度目の秋葉原へ・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック