FC2ブログ
イケブログ
モヤさまの大江麻理子の可愛さは異常。

SENSHA-01.jpg



年始の出来事 続き・・・
保険屋との話し。

の前に、ホンダに車を一回持って行った。
大体の修理費でも解っておきたい。
なんせ、最悪の場合は相手がとんずらして自腹で修理って事もありえるから・・・。

すると、バンパーの交換で5万ぐらい
フロントリップの交換で3万ぐらい
最低でこの金額。
もしかしたらバンパーを外したら中が変な事になっていて、板金が必要になるかも?と言われた。
するとプラス10万程跳ね上がるらしい。

まぁ想像の範囲内の金額だけど・・・。



で、次の日に保険屋から電話があった。

どうやら相手は日本語がうまく喋れないらしい。
はい、きたー。
と思ったよw
車体番号を教えろと言っても、数字が読めないとか、まぁ酷い言い訳。
当日、日本語めちゃめちゃベラベラだったじゃん。

保険会社が言うには、やっぱり言い分がどんどん変わっているんだとさ。
それじゃ事故の状況が解らないから、絵に書いてFAXしろと言ってもしてこない。
FAX送れと催促しても、絵が下手だから送りたくない。

もうね、呆れて言葉が出ませんよ。

数日に分けて保険会社と電話でやりとりをしていたのだが、現地の担当者に変更になった。

新しい担当者がまた面倒な仕事だと思っているのか解らないけど、
もう相手は修理代支払う気がないから自分の車両保険で直しちゃえば~?
って理解できるような提案がでた。
もちろん担当者はそんな言い方してないけどねw

納得いかねーよ!!
こっちは停車中の事故なんだから、言ってみれば10対0のもらい事故だぞ!!
でも、ぶっちゃけそうなる事も頭に入れておかないと・・・。
と思った。
一応、弁護士費用特約にも入っているので、最終的には裁判を行う事も頭に入れておいた。


そして悩む。調べる。


そこに一点の光が見えた。

自分の保険の車両保険には
「無過失事故に関する特約」
という特約が付いている!!
これはもらい事故で泣き寝入りってのを防ぐ特約。
車両保険を使って修理しても、ノーカウントになる!!
これを使わずして何を使う!ってぐらいの特約。
しかし、これが適用される上で、いくつか決まりがありその中でも一番やっかいな決まり。
「事故発生時に契約車の運転者に過失がなかったことが確定すること」
これがね・・・。
相手があーだこーだ言い訳にもならない言い訳をしているものだから、裁判でこれを勝ち取るしかないのかな?と。

次の日に、保険会社に電話。

弁護士費用特約の事と、無過失事故に関する特約の話しをした。
担当者は弁護士が今回の件を受けてくれるのかも含め、弁護士に話しをしてみると言ったが、無過失事故に関する特約は相手が事故を認めたらなんですよね~とまた曖昧な返事。
喋り口調は丁寧なのだが、何とも客を安心させてくれない担当者だ。

次の日の保険会社からの電話。

弁護士は今回の件を引き受けてくれる事が決定した。
裁判をした時のメリット、デメリットも聞いておいた。
そこで、担当者がひとつ提案してきた。
あの外人の言っている事が毎回めちゃめちゃなので、今回の件は無過失事故に関する特約を適用しようかと思っている。

おおー!!
何この展開!w

思ったんだけど、多分、俺が前もって修理費がこのぐらいって伝えていたので、弁護士を使う事と無過失事故に関する特約を使って修理するのと、どちらの費用が高いのか天秤にかけたんじゃないかな?と。
高くても修理費は20万ぐらいだけど、弁護士を使ったら無限に増えていくからね。
でも適用できるんだったらそれに乗った方がいい。

という訳で、今回のもらい事故は「無過失事故に関する特約」の適用でなんとかなる運びとなった。

因みに今後の流れとしては

俺が修理→修理費を保険屋が一旦負担→外人に請求

となっている。
修理費の回収は専門の部署で行うとの事。
どんな部署か気になる。
もし、相手が請求に応じなくても、相手が払ってくれないからやっぱナシ!って事にはならないらしい。

正直、修理費が自腹になるようだったら、保険を使わずに新しい車を購入しようかとも思ったよ・・・。
今年の3月に車検だし、その車検でも何も交換しないで済むような年数じゃないし。
何だったらFitRSでも買ったろか!とも思ったさ。
カッコイイしw
あーもー!俺をこれ以上悩ませるな!!
さて、ホンダに車を持って行くか・・・続く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック